Re:ゼロから始める資産運用ー素人がハマる罠 PART2ー

素人が買ってはいけないもの

どのような人に気を付けなければいけないのかは、こちらをご覧ください。

Re:ゼロから始める資産運用ー素人がハマる罠ー

資産運用の素人が失敗する原因の一つに、買ってはいけないものを買ってしまうというものがあります。

  1. 外貨建て終身保険、外貨預金、FX
  2. 投資信託の中のとある商品
  3. 生命保険

①外貨建て終身保険、外貨預金、FX

外貨系の商品は為替リスクを取らないといけないので、素人には向いていません。
FXに関しては世界最大のカジノともいわれているくらいギャンブル性の高いものですので、資産運用には向いていません。

注意
お金儲け資産運用は別々に考えないといけません。

お金儲け
仮想通貨で一発当てたいとか、働かずにお金を動かして大儲けしたいという考え方。

資産運用
貯金しているだけでなく、お金を別の使い方をすることで少しでも今よりお金を増やしたいという考え方。
貯金をすると貧乏になる

②投資信託の中のとある商品

投資信託の中で、以下の商品は素人は買ってはいけません。

・テーマ型

テーマ型というのは、例えば「AIやロボットが今キテる」からと言われて、その銘柄の何社かに集中して投資することです。
なぜこれがイケないのかといいますと、これはリスク分散の原則の真逆の行動だからです。
確かにその業界が今波に乗っていて、今後も期待できるかもしれませんが、その業界も一つのトレンドなので、そのトレンドが終わったらどうなりますか?一気に崩壊しますよ。
そして、AIやロボットがこれから期待できるってのは皆が既に知っているので、もう価格も上がってしまっているのです。

・ターゲットイヤー型

ターゲットイヤー型というのは、「この商品は高齢者向けなんです」「〇代向けなんです」といって商品を選別してくれるものなのですが、そのターゲットに向いている商品なんてものはないんです。あなたにピッタリと思わせて買ってもらうためにこういった名前を付けているのです。

・バランス型

株式だけでなく、国債など「様々な種類をこちらで選んでバランスよくしておきますよ」という商品なのですが、どれが儲かってるのか損をしているのが不明確なことが多いそうです。人気のない商品も抱き合わせで売られていることもあります。こちらもバランスという言葉をつかい、素人を安心させて買われやすくしているのです。

・毎月分配型

こちらは毎月分配がある商品です。これだけ聞いたら安心したり、とても美味しく聞こえますよね?実際はそんな美味しい話はなくて、減るリスクはあなたが取りながら、増えた分からは手数料をひかれて少しずつ返されるだけの商品なんです。

・通貨選択型

こちらは上記にありました外貨建てのものと同じで、為替のリスクが付きまとってくるのです。

③生命保険

保険というのは、もしかしたら起きてしまうかもしれない事態に、みんなで協力して備えようというものです。

火災保険や事故の保険というのは
起こる可能性が少ないものですが、もし起きてしまったら大ごとなので、みんなで少しずつ出し合って被害に遭ってしまった方がいたらそこを助けようというシステムなので分かります。

生命保険や健康保険というのはどうでしょう?
死は全員に訪れるもので、病気・ケガは火災・事故よりも起きる確率が高いものです。こういった頻繁に起きるものですと、保険会社も支払いが大変になりますよね。なので手数料が高く、保険料の支払いに関しても多くの特記事項があります。

生命保険に入っていなくても、高額な医療費がかかった際などは高額医療制度という、一定額までの負担で済むという国の制度もありますよ。(厚生労働省)

私もこの学びをきっかけに、付き合いで入っていた生命保険を解約しました。この浮いたお金を他の資産運用に回していきます。

 

買ってはいけないものはわかりましたが、知りたいのは買うべきものですよね?

買うべき商品はこちらです
■リンク準備中■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です